予防歯科

予防歯科は、「むし歯が小さいうちに治療する、歯石が付いたら早めに歯医者に行く」ということをイメージされる方が多いかもしれません。それも非常に大切な事だと思います。

しかし、一度むし歯になって削ってしまった歯は治しても、完全に元通りにはならず、歯周病で溶けてしまった骨も簡単には元に戻りません。

でも、私は歯が弱いから、年齢を重ねれば虫歯などになるのは仕方がないって思っていませんか?

あきらめないで下さい。
きちんと予防を行うことにより、何歳になっても健康な歯でいることも可能なのです。

あなたの大切な歯を守るためには、
むし歯や歯周病にならないことが大切で、これをサポートすることこそが予防歯科なのです。

予防歯科の内容

ホームケア(歯磨き、フロス、フッ素の使用など)

大切な歯を守るためには、まず歯みがきなどのホームケアをしっかり行うことが重要です。

しかし毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまします。
さらにこの磨き残しは時間がたつと台所の排水溝やお風呂のぬめりのようになり、歯ブラシでは落とすことができなくなってしまいます。

ではどうすればよいのでしょう?

クリーニング(歯医者さんでのプロのクリーニング)

歯ブラシでとれない汚れでも、プロの道具と技術でクリーニングを行えば汚れを落とすことができます。しかし一度汚れを落としても、またしばらくすると付いてきてしまうので、汚れが悪さをする前の、1~6ヶ月ごとにプロのクリーニングをうけることで、健康な歯を保つことができます。

でも痛いのはイヤですよね。

大丈夫です。このクリーニング(PMTC)は歯石を取るときのように痛みを伴う治療とは異なり、別名デンタルスパとも言われ、クリーニング(PMTC)が終わるとお口がさっぱりしてとても気持ちいいものです。

いままでの、悪くなってから、悪くなっても早いうちに歯科医院へ行くのではなく、健康な状態がずっと続くように定期的に歯医者さんでクリーニング(PMTC)を受けてみませんか?

むし歯のリスク検査
むし歯のリスク検査をすることで、
  • ●あなたの虫歯になりやすさ(カリエスリスク)
  • ●なぜ虫歯になりやすいか?
  • ●ではどうすれば予防できるか?
ということが判ります。
3DS(Dental Drug Delivery System)

3DSとは、安全かつ確実に抗菌剤やフッ素等を歯面に塗布して、むし歯菌を除菌します。

良い菌は殺さず悪い菌のみを殺すことができます。

むし歯リスクを検査したあと、必要に応じて患者様ご自身の歯型に合わせたオーダーメイドのマウスピースを作り、その内側に特殊な薬剤を塗って一定時間装着します。痛みは全まったくありません。

こんな方にオススメです
  • • むし歯菌検査においてハイリスク判定の方
  • • 小さいお子さんがいる方(感染予防)
  • • 修復物(詰め物・かぶせ物)が多く入っている方
  • • 歯並びがよくない方
  • • 歯周病でお困りの方
  • • 矯正治療中の方
  • • インプラントが入っている方